文学フリマ事務局通信

主に文学フリマ事務局代表が書く雑記帳です。

イベント終了後

イベント終了後、せっかく名古屋まできたんだからということで、名古屋駅の地下街を回りました。

エスカという地下街で食事をすることにしました。

名古屋で食べるものと言えば選択義は三つしかありません。

そう!

きしめん、ひつまぶし、みそかつ、です!

かなり迷ったのですが、やはり会場内で連呼していたみそかつにしようということで「矢場とん」というお店に行きました。

有名なお店だそうで大変混んでました。

わらじとんかつ定食(みそ・ソース半々)を注文。

一緒に行った友人はオプションでみそ汁を豚汁に変更していました。

これはお皿にひろがったかつが草鞋型になっているからそのような名前が付けられたのでしょう。

かなりボリュームがあります。

正直なところ、みそかつと言えば「名物にうまいもの無しの代名詞」という話を聞いていたので、怖いもの見たさみたいななチャレンジだったのですが、これはこれでいける味だと思いました。

ただ、みそとカツの組み合わせだと、通常のカツの2倍くらいのボリュームに感じられて、満腹感が凄かったです。

脂っこいものに弱い人は食べきれないと思うので、これが「代名詞」伝承の原因だと思われます。

また、みそ・ソース半々で注文したのですが、このソースというのが明らかにみそが混入していると思われる甘辛い味で、普通にイメージするソースとは別物であったことも付け加えておきます。

しかし、このみそかつの味こそ「名古屋まできたぞ!」という実感を得た瞬間でありました。


ちなみに、おみやげにはきしめんをチョイスしたので、次回はぜひともひつまぶしを食べたいと思う次第であります。